"/>

あなたの人生に、あなたの世界観を。~ 美しい人生を生きる秘訣 ~

Life with Wordview

「向いている仕事」に就くための思考法

投稿日:2019年1月23日 更新日:

他人に止められてもやりたいこと

は何ですか??

 

唐突に質問させて頂きましたが

読み進める前に

ちょっとだけ考えてみてください。

 

「普通」という価値観

 

実はこの質問

リメンバー・ミーや、ヴァネロペの記事でも問い掛けている事

なのですが

ちょっと危機感を感じる事が最近多かったので

補足的に記事にしてみました。

 

で、何に危機感を覚えたのか。というと

 

今の仕事を辞めたい。

という方と話をしていたのですが、その理由が

普通のOLがしたい。

普通の生活がしたい。ということであったり

 

転職してブライダルに行きたい。

という方でも、なぜブライダルに行きたいのか

と聞いてみると、ボヤっとしていたり、、、

 

転職する事が問題なのではなく

その理由が

 

誰か(他人)の価値観で

自分の方向性を決めてしまっている

 

から。

もちろん

あれをやってみたい。今を変えたい。

というのは、とても素晴らしい事だと思います。

 

しかも

人は基本的に「変わる事」

を避けようとする生き物なので

彼女たちの行動力は一歩抜けているワケです。

(生き物は変わる事を避ける。の詳細についてはこちらの記事で解説しています。)

 

にもかかわらず、物事を判断する基準が

 

自分以外の価値観

 

になってしまている事が、非常に勿体ないなと。。。

 

「普通の」なんて

まさに「自分以外の何か」なワケです。

 

日本の教育が創り出した幻想

 

周りと同じことが良い事である。

という教育を受けてきてしまった私たちが

いきなり

 

自分の価値観を持ちましょう。

 

というのもハードルが高く

なかなか難しい事かなと思います。

 

そこで、まずは

「自分の価値観」を取り戻すために、冒頭で質問した

 

他人に止められてでもやりたい事。

 

という視点をを採用して頂きたいなと。

 

他人に止められてでも。という条件があれば

「自然と」(というか、イヤでも)

自分の価値観が基準になるので

まずは、この条件の中で

「自分自身の感覚」を取り戻して頂きたい。

 

そして、その感覚を育くんで頂きたい。と

 

「縦」と「横」の展開

 

価値観を育てていく方法として

  • 1つを深堀していく
  • 色々と幅広くやっていくこと

の2通りがあると思いますが、私はまず

 

一つの事を深堀する事

 

に優先して取り組むべきだと考えています。

 

というのも、何かしらの基準・軸を持っていれば

新しい経験をした時に

 

「観る角度」を変えれば良いだけ

 

なので

より多くの事を学びに変えられるから。です。

 

幅広く経験していく事が無駄になってしまう。

とは言いませんが

何かしらの基準を作ってから横展開をした方が

得られるモノは多くなるので

まずは、1つを深堀りしていく事をオススメしています。

 

面積で考えてみる

  • 1つを深めていく事を「縦」
  • 色々な経験をする事を「横」

のグラフとして考えると、分かりやすいかと思います。

 

縦軸が浅かった場合。

分かりやすく、数字で2としましょうか。

 

この縦が2の状態で

5つの経験(横軸)をしたとしましょう。

 

この面積は、数字だけで考えると

2×5=10ですよね。

 

グラフで見ると横に長い状態になります。

 

 

では、1つを深堀していくケースを考えて

1つを突き詰めていき、縦軸が5になったとします。

 

そこから3つの経験をしたとしましょう。

 

すると数字的には5×3=15で

先ほどよりも経験数は少ないのに面積は大きくなりました。

 

この2つを比べてみて

どちらが、効率的で

より良い経験をしていく事が可能だと思いますか??

 

 

もちろん、現実は

数字やグラフで表せるほど単純ではないと思いますが

イメージとして

 

縦軸を作ってから、横展開

 

をしていけば

視点のの深さを、違う分野にも活かせる事が出来るので

とても効率的になるのです。

 

極端な事を言えば

 

「深さ」を持つ事ができれば

取り組む全ての質が上がる。

 

ということです。

 

ただ

ここまで得られるメリットが約束されていても

やることがしんどかったら続きませんよね。

 

なので

止められててもやりたい事をやる

という視点が欠かせないのです。

 

趣味という素晴らしい勉強

 

この、止められてでもやりたい事

の分かりやすい例が趣味です。

 

趣味は放っておいても

勝手にあれこれ工夫たり、試行錯誤して

自然に「より良い方法」を考えていきますよね。

 

この「勝手に」というのがとても重要で

より良く、より高みを目指す事だけを考えますし

  • モチベーションをアップさせる
  • どうやったら続けられるか

といった「余計な考え」が要らないのです。

 

つまり、脳の貴重なリソースが奪われない。

という事です。

 

なので、もし、あなたが今の仕事で

  • モチベーションをアップさせる
  • やる気を起こさせる

などの努力をしてしまっているのであれば

それは、残念ながら努力の方向がズレてしまっている。

という事です。

 

仕事は我慢する事

 

私は、親にそう言われ続けてきました。

 

しかし、今では脳科学の観点からも

 

何かを強いられていたら

「クリエイティブ」は生まれない。

 

という事が、はっきり導かれているので

仕事で「成功」したいのであれば

 

止められてでもやりたい事

 

1択になります。

 

もちろん、適当に仕事をやって、適当な収入があればいい。

というならば話は別ですが

私は、その道はオススメしません。なぜなら

 

毎日がつまらないから。

 

です。

自分が打ち込めないものをやっていても

ただ、時間と労力を消費するばかりで、何の生産性もありません。

 

この状態で

  • 幸せに生きる
  • 楽しく過ごす
  • 何かを目指す

というのは、なかなか難しい。。。

 

なので、あなたが

今よりも良い生活、良い人生を望んでいるのであれば

 

止められてでもやりたい事

 

を見付けて頂きたいのです。

自分の為にも、社会の為にも。

 

なので、まずは

 

他人に止められてでもやりたい事。は何なのか

 

この機会にぜひ

自分自身と対話して見つけてみて下さい。

 

 

P,S

ただ、私の親の様な考え方はとても一般的で

未だに、お給料は我慢をするから貰える

という価値観の人が非常に多いです。

 

しかし、この記事を、ここまで読まれているという事は

一般的な考え方に疑問を持っているからだと思うので

その違和感を感じられる大事な感覚を

是非とも大切にして頂きたいと思います♪

-可能性を開く, 教養的なモノ, 自分らしく生きる
-,

Copyright© Life with Wordview , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.