"/>

あなたの人生に、あなたの世界観を。~ 美しい人生を生きる秘訣 ~

Life with Wordview

プーさんと教育、そして私たちが進むべき未来とは

投稿日:2018年10月13日 更新日:

私たちが目指すべきは「プーさん」じゃないか!!

 

私が所属する、ビジネスをプロデュースしているチームでも話題になった映画。

プーと大人になった僕。

 

プーさんがクリストファー・ロビンに様々な問い掛けをし、本来の自分へと戻って行く、禅問答のようなストーリーでしたが、このプーさんの映画から学ぶべき事、また、その学びからもう一歩踏み込んでいきたいと思います。

 

教育の意義とは!?

 

クリストファー・ロビンの、僕は大人になって変わったんだ。という主張に対し、プーさんは

本当に大切なものは何か

を思い出させるかの様に、色々な疑問や質問を投げかけていきます。

失われた感覚を取り戻したり、大人のクリストファーに戻ったりを繰り返しながら、最終的に「何を大切にしなければならないのか」に気付くことになるのですが、個人的に問題だと感じるのは

 

なぜ私たちは「本当に大切なモノ」を見失ってしまうような成長(!?)の仕方を

そもそもしてしまうのか

 

という事です。

 

私たちのチームの中でも

  • 常に疑問を持ってみること
  • 自分の感覚を大切にすること
  • 答えを探しに行かない

などが常に問われているのですが、この視点も全員にとって「良い事」ではありませんよね。

常に疑問を持ってみる。という事について言えば、深い生き方ができたり、頭が鍛えられたり、様々なメリットを享受できると思いますが、一方で、いちいちそんな事を考えていたら時間も労力も勿体ない。めんどくさい。という考えもあるかと思います。

他の2つも同じで、得られるメリットもあれば、当然、それに対するデメリットも生まれてきます。

この様に、問題に対する解決策を提示するのはとても簡単ですが、重要なのは

 

しっかりとメリット・デメリットを考慮したうえで、その人に合った提案をしてあげる事

 

だと思うのです。

 

そして、このメリット・デメリットを列挙して俯瞰してみると

周りに流されて、なんとなく生きていいくのか

それとも

人間として、また自分として、人生を歩んでいきたいのか

という2つの道が見えてくると思います。

 

これは、どちらが良いとか悪いとかではないくて

あなたが、どちらの道に進みたいか

という「あなた自身の意思」が重要になってきます。

 

教育の「意味」と「課題」

 

どこかで答えを探そうとしている。

親や上司などを、「お手本」として見てしまっている。

 

この様な事を無意識にやってしまっている方も多いのではないでしょうか。

私自身も、頭では分かっていても、時々答えを探してしまっている事があります。

(どこかに真理があるのではないか。というロマンも含めて)

 

これは、私たちが育ってきた過程で

「人と同じことが良い事である」

「答えがある」

という教えを受けてきてしまった事が原因の1つではないか。と。

 

まさに、成長する過程で失ってしまったモノ、ですよね。

 

しかし、正解や答えは、そもそも存在しないモノ。

ということを知る事ができたあなたは

たった今から、答え探しをやめる事ができますよね。

 

人生や、生き方に正解がないとすれば

あなたはどこに向かって進んでいきたいでしょうか。

どんな人生を歩みたいのでしょうか

 

教育の違いと課題

 

先程述べたように、日本の教育では均一化を求められたり

答えを探すことを教育として受けてきたわけですが

海外ではまったく教育法が異なっています。

 

例えばノルウェーでは

想像力や考える力を鍛えよう。というプログラムであったり

オーストラリアでは

優れた部分をより発揮できるような教育を受けていたり

オランダの様に自由度が高い教育システムであったり

フィンランドの様に、合格する事ではなく学ぶ事

など、様々なスタイルが存在しています。

 

別に海外の教育が良いと言いたいわけではありませんし

海外の方が教育費が無料とか、安いとか、そんな話をしているワケでもありません。

 

物事は必ず表裏一体でメリットがあればデメリットがあります。

日本の例でいえば

均一化を求めたことで、失われたものもあれば、得たものもあります。

 

誰でも一定の教養(知識)がある。というのが1例ではないでしょうか。

 

世界の教育と比較して

日本に足りないものは何か。自分に足りないものは何か

を見つけていくことが大切だと私は考えます。

 

つまり、あなた自身がどうなりたいのか。という事です。

 

ただ先程もお伝えしましたが、何がいいかは誰も分かりません。

なので、あなた自身が未来を見据えて何を学ぶべきか

を見極めていく必要がありますし、これからどの様な未来が訪れるのか

を自分自身で考え、そこから

自分に合った教育は何なのか

自分の子供や孫にどのような人になって欲しいのか

ということを考えながら「何を学ぶべきか」というのを見極めていただけたらと思います。

 

 

プーさんは言いました。

「行ったことのないところに行かなきゃいけない」と。

あなたにとって、その場所はどこになりますか??

 

P.S

プーと大人になった僕。の原題は「Christopher Robin」。

私個人としては、邦題の方がしっくりきますね♪

-可能性を開く, 自分らしく生きる
-

Copyright© Life with Wordview , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.