"/>

あなたの人生に、あなたの世界観を。~ 美しい人生を生きる秘訣 ~

Life with Wordview

「生き方」のあるべき姿。をヴァネロペに学ぶ

投稿日:2019年1月1日 更新日:

今年も、イクスピアリのカウントダウンのイベに。

ご飯を食べてもまだ時間があったので、シュガーラッシュ2を観に♪

 

映画の中で気付いた事を簡単にまとめると

・ディズニープリンセスからのメッセージ
・本当の友人の姿とは
・自分という存在について

といったところ。

 

細かい内容はネタバレになってしまうので、そこは伏せつつ、得た学びを普段の生活に活かせるような視点で綴っていきたいと思います☆

 

「素直な感覚」を持つことの大切さ

 

冒頭で上げた3つ項目を1つずつ掘り下げて説明していきますね~

というのもコンテンツの1つの姿なのかもしれませんが、解説する。というのは、なかなか面白いモノにはなりにくいし、どうしても汎用性が低くなってしまいます。。。

なので、汎用性を高める為に、抽象度を上げて考えてみましょう♪

すると、こんな点が共通項としてみえてくるかと思います。

 

情報が溢れすぎて
何に耳を傾けたらいいのか分からない

 

実際に、映画の中でも、舞台がインターネットの世界で、色々な情報が飛び交っている様子が、分かりやすく描かれていました。

しかも、スピーディーに。

同じ様に、私たちが住んでいるリアルの世界でも、インターネットという環境があれば、誰でも好きな情報に、好きな時にアクセスできますよね。

とても便利で素晴らしい事なのですが、ここで気を付けなければならないことは

良くも悪くも

という事。

 

もちろん、メリットとしては先程も挙げた

  • 様々な情報を得られるようになったこと
  • 欲しい情報にすぐにアクセスできるようになった

などがありますが、デメリットとしては

 

(得られる情報の質が)玉石混合である。

 

という事です。つまり

 

どれが玉で、どれが石なのか

この判断をしっかりと行わなければならない。

 

という事です。なぜなら

玉を拾わなければ、より良い未来には繋がっていかないのだから。。。

 

なので、この見極める目を養っていく必要がありますし、求められている。というのが現状です。

あなたが、より良い方向に進みたいのであれば。

 

この玉と石を、もう少し具体的に言い換えるならば

価値とは何か

という事。

 

この価値を見極めていく為に、色々な経験をして、色々な勉強をして自分の感性、感覚を磨いていかなければならないワケですが、ここで注意しなければならない点があります。それは

 

「正解」は存在しない。

 

という事。

 

私たちは、学校教育で「正解はコレです」。

という、答え探しの旅をず~~っとしてきてしまいまったので、どうしても無意識に「答え」を探してしまいがちです。しかし

世の中、どこを探しても、「正解」というモノは存在しない。

という事を知っておかなければなりません。

(答えがない。という事については、プーさんの記事でも解説しています。)

 

この様な事を言うと

どこに向かっていいのか、何を判断基準にすればいいのか分からなくなってしまう方もいらっしゃるかと思うので、指針の1つとして

 

自分にしっくりくるもの

 

を選んでみてはいかがでしょうか♪

というのが私からの提案です。

 

自分に正直な生き方

 

どんなものが、「しっくり」なのか。

例えば

周りは、こう言っているけど、どうも腑に落ちないなぁ~、、、という様な感じのモノも1つかと思います。

 

といっても、自分勝手。とか、わがまま。ということではありません。

 

言っている事は分かるけど、なんかモヤモヤするなぁ~
というような感覚がある時の「しっくり」です。

 

なぜ、このモヤモヤが大切なのか。というと

「自分の感覚」がそこにあるからです。

 

今回のシュガーラッシュ2の中で言えば

  • ヴァネロペがシュガーラッシュのゲームがつまらない。
  • スローターレースのレーサーになりたい。

といった、自分のやりたい事をみつけるというような、自分を充たしていく事に、このモヤモヤが導いてくれるからです。

 

このモヤモヤを大切にしていく事で、本当の自分と対話をする事が出来るようになっていきます。

ただ、気を付けなければならないのは

その声は、本当の自分の声なのか、どうか

という事です。

 

先ほど、正解はない。という話をしましたが

私たちは、自分以外の何かから判断基準を得ていることが多いのです。

 

例えば

この会社は良い会社だ。とか

あの学校は、良い学校だ、悪い学校だ。とか。。。

 

「良い」理由は何なのか

「悪い」理由は何なのか

 

あなたの言葉で、きちんと説明できますか??

 

正直は最善の策

さてさて、話を映画に戻しますが

 

自分が何をしたいのか、どういう風になりたいのか。

 

という事が描かれていたのがシュガー・ラッシュ2。

 

ディズニーのプリンセスたちは

「本当にしたいことを語るときに歌う」と

自虐ネタ的に面白く描かれていましたが、おそらくですが、これは

自分の内なる声に気付いた時のイメージを伝えている

私は、そう感じました。

 

もし、ディズニーファンの方がいらっしゃったら、過去の映画で、どんな時に歌っていたのか、もう一度見てみてください。

  • エルサがどんな時に歌っていたのか
  • モアナはどんな時に歌っていたのか

私が覚えている映画だけでも

自分の目的を見つけた時

だと記憶しています。

 

コーチング的にいうと

あなたが、他人に止められてでもやりたい事は何なのか

という事ですね。

 

実際に、ヴァネロペも、ラルフに引き留められそうになりながらも

自分が行きたい世界に向かっていきましたからね♪

 

 

あなたが、他人に止められてでもやりたい事は何ですか??

-可能性を開く, 自分らしく生きる
-

Copyright© Life with Wordview , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.