"/>

あなたの人生に、あなたの世界観を。~ 美しい人生を生きる秘訣 ~

Life with Wordview

リメンバー・ミーに学ぶ「仕事」の選び方

投稿日:2018年10月26日 更新日:

日比谷で行われていたシネマフェスティバル。

どんなイベントなのか、時間の合間を縫って参加してきました♪

 

無料でスクリーンや音響が設置され

その設備を使って映画を観れる。というのにも驚きましたが

ディズニー映画が短編ですが

無料コンテンツとして放映されていた事にも驚きました(笑)

 

ちなみに、上映されていた作品は

アナと雪の女王/家族の思い出。

リメンバー・ミーと同時上映されていたモノでした。

 

この短編アナ雪を観ながら

リメンバー・ミーを思い出していたのですが

ラストシーンでは、涙で画面がボヤけてしまう程の感動を頂き

学びも多かった映画でした。簡単に整理すると

  • 進むべき道を誤ると、その先に待っているのは「破綻」。
  • 熱意を持てるモノでしか、他人の心は動かせない。

という2つ。

 

どちらのテーマも、目新しいモノでもなければ

誰もが知っている事であり

ごくごく「当たり前」の事かと思います。ただ

 

なぜ、そうなってしまうのか。

 

という「Why」について答えられる方が、なかなかいませんし

似たようなテーマについて最近感じる事が多かったので

今回はリメンバーミーを参考にしながら

その「Why」について深めていきたいと思います。

 

「在り方」という重要な教え

 

まず、1つめの

進むべき道を誤ると破綻する。

ということについてですが、ストーリーに沿って説明すると

 

デラクルスが、嫉妬や妬みで道を踏み外し

肩書や地位に執着し、その結果、ファンの信頼までも失った。

 

という流れでした。

私は、よく

 

「目的」と「結果」は別モノですよ。

 

と説明していますが、内容は同じ事です。

簡単に説明すると

 

この目的と結果を

私たちは、Be、Do、Haveという表現で置き換えて理解しています。

 

「結果」を得るためには「Do,Have」

「目的」を達成するためには「Be」

 

結論だけ言うと、こんな感じなのですが

もうちょっと実感がわくように

仕事に置き換えて考えてみましょう。

 

例えば、履歴書などに「スキル」や「資格」

という欄があるかと思います。ここには

自分は、あれが出来ます。これが出来ます。

と書いていくかと思いますが

この様な、あれ・これがDo、Haveになります。

 

このDo、Haveをアピールしたり、強みにしようとすると

どうしても

誰かと、(もしくは、何かと)争わなければなりません。

 

もうちょっと分かりやすい言葉にすると

競合他社(他人)と競争しなければならない

という事になります。

 

一方で、Beは

「在り方」を意味していて、その人自身を指しています。

 

どーゆー事かと言うと

 

この人と仕事がしたい。

あの人に仕事を頼みたい。

 

とかが、Beに当たるり

先ほどのDo,Haveは「スキル」で仕事を取るのに対し

Beは、「人」で仕事を取ることになります。

 

つまり

前者では競争が起こるが

後者では、競争が起こらない。

という事になります。なので

  • 不毛な競争から抜けたい。
  • 本当の意味での差別化をしていきたい。

のであれば、Beを大切にしていきましょう♪

というのが、ざっくりした内容なのですが

この「Be」と深く関係しているのが

2つめの

熱意を持てるモノでしか、他人の心は動かせない。

という所に繋がっていくので

もう少し「Be」について深めていきましょう♪

 

本当に「好きな事」で仕事ができるのか?

 

  • 好きな事をビジネスにしましょう。
  • 趣味を仕事にしましょう。

この様な事があちこちで聞かれますが

皆様は、どの様な受け止め方をされていますでしょうか。

 

個人的には、素晴らしい方向性だと思うのですが

ちょっと軽い印象で聞こえてしまうので

もうちょっと表現を変えて

 

人に反対されてでも(人に止められてでも)

やりたい事を仕事にしましょう!!

 

くらいが適切かな~と思っています。

 

実際に映画の中では

ミゲルにとって、音楽が「それ」に該当するわけですが

家族に猛反対されながら、屋根裏で隠れてでも練習したい程

音楽に情熱を持っていたワケです。

 

これくらいの「やりたい事」である事が

Beでは、とても重要になってきます。

 

未来に欠かせない「価値観」とは

 

急に

「他人に止められてでもやりたい事は何ですか?」

と聞かれても、なかなかピンとこないと思います。

 

実際に「それ」を見つける為には

色々な事に挑戦していかならなかったりするのですが

まずは、この

「人に止められてでもやりたい事」は何か

という視点を持っことが、とても重要になります。

 

というのも、これからの時代を

より良く生きていく為に、欠かせない視点

になるからです。

 

先ほど「競争」というワードを出しましたが

今までは、この競争相手が人間でした。

しかし、これからの時代は機械が相手になってきます。

 

あの正確さとスピードに勝とう。

と思うのは自由ですが

現実的に考えて、ちょっと厳しいと思うのです。

 

なので、競争をしない。ということが重要になり

先ほどの言葉で言い換えれば

「Be」であったり、「自分が情熱を持てる事」

が、その土台になります。

 

なので

これからの時代を、有利に進めていく為にも

あなたが、他人に止められてでもやりたい事は何なのか

 

ぜひ、自分自身に問い掛けてみて下さい☆

-可能性を開く, 自分らしく生きる
-

Copyright© Life with Wordview , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.