"/>

あなたの人生に、あなたの世界観を。~ 美しい人生を生きる秘訣 ~

Life with Wordview

意識すればする程、問題が解決されない理由。

投稿日:2019年1月6日 更新日:

前回のアリーの記事で書いた

問題に対して、どう向き合うのか

という事についての補足として

 

どうやって問題を解決していけば良いのか

 

という事を

コーチング的な視点から綴っていきたいと思います。

 

問題の繰り返しを避けるために

アリーの記事を簡単に復習すると

 

目の前の問題に対して、気付かないふりをしたり

なんとなく過ごしてしまったりしてしがち。。。

 

しかし、問題を放っておいても

より大きくなって、わが身に降りかかってくるので

逃げずに解決した方が良いですよ~

 

という事を

映画のストーリーから読み解いていったのですが

問題は

 

問題解決は、とても大変で、労力がかかる。

しかも、解決はさらに難しい。。。

 

という事でした。

 

そんな板挟みになる状態を考慮しても

問題に対して

 

どうやったら

解決に向かう事ができるのか。

 

という事を、今回は伝えたいなと。

なぜなら

 

取り組むこと自体が

あなた自身の成長に繋がる

 

からです。しかも

 

周りの人の役に立てる。

 

という、大きなメリットが付いてくるので

1人でも多くの人に獲得して欲しい考え方。

 

更に

その気付いてしまった問題というのは

 

あなたが乗り越えるべき「壁」である。

 

という事を伝えたいなと。

ちょっと大げさな言い方をすれば

 

神様に与えられた

あなたの人生における試練

 

と言う事ですね。

 

問題の本質とは

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが

本題に入っていきたいと思います。で

 

起きてしまった問題を

どうやって解決していけば良いのか。

 

ということですが、よく見られるケースとして

 

問題が起きてしまった相手に対し

注意やアドバイスをしました。

 

相手が直そうとしない。とか

相手が受け入れてくれない。とか、、、

 

こんなのが、よく聞く話ではないかと思います。

 

といっても、これはまだ良い方で

下手をすれば、注意した事に対し

相手は反発してきたりするワケですww

 

この様な方法では

注意する側も、される側も、残念ながら

損でしかなく

こんな思いをするなら、、、

と、諦めたり、放置してしまう方向に進んでしまいがちです。

 

実際、映画の中でも

お互いに、見て見ぬふりをしてしまい

あのような事が起きてしまったワケですね。

 

しかし、損をせずに

問題をスムーズに解決する方法があるとしたら

どうしますか??

 

きっと、多くの人が取り入れると思うのですが

その前に、伝えておかなければならない事があります。

それは、、、

 

人間(という生き物いうか、生物全般)は

基本的に変化を好まない。

 

という事です。

 

いきなり、絶望から始まる話になってしまいますが

そもそも人間という生き物は

変わろうとしないし、変わりたくないのです。

 

というのも、種を保存していく為に

あえて危険を冒すような事を避けようとする機能が

本能レベルで備わっているのです。

 

といっても、私たちは

成長したり、より良い未来を迎えるために

変わらなければなりませんよね。

 

つまり、

この矛盾を乗り越えていかなければならないのです。

 

では、この矛盾をどうやって乗り越えるか

という話ですが、簡単に言うと

 

こうなって欲しい。という

理想の未来を考え、伝える。

 

という事です。

 

えっ!?

そんな事で解決できるんですか、、、??

という声が聞こえてきそうですが

 

相手が問題を認識しなくても

良い結果、より良い未来が得られればいい

 

訳ですから

相手に(自分に)問題を認識させる(する)事は

重要な事ではないのです。

 

大切な事なので、もう一度言いますが

 

問題を解決する為に、やるべき事は

「注意する(させる)」「気を付け(させ)る」

とかの類ではない。

 

という事です。

 

では、何をしていくべきなのでしょうか。

具体的に紐解いていきましょう!!

 

問題のスケールを変える

まずは、先ほどの

相手は変わらない。変えられない。

という所ですが

結論から言ってしまうと

 

私たち人間を含めた「生き物」は

基本的に

変わることに対して、どこかで拒んでいる。

 

という事です。

 

生物を勉強していたり、詳しい方であれば

ホメオスタシスや、恒常性

という言葉を聞いたことがあるかと思います。

また、コーチングでは

コンフォートゾーンという言葉で表現されていますが

どれも、伝えたい事の中身は同じで

私たち生物は

 

生存を維持しようとするために

内部状態を一定に保とう。

 

とする機能が備わっています。

分かりやすいのが

ホルモンバランスや体温を一定に保とうとする働き。

ですね。

 

これは、私たちが生きていく上で

安全・安心を獲得していこう。という機能なのですが

この機能が、場合によっては

よくない方向へ働いてしまう事がある。という事です。

 

例えば、「成長する」という事に対して

 

成長する事は

もしかしたら危険な事かもしれない。

だから、安全、安心な「今」を維持しよう。

 

とブレーキがかかってしまうのです。

例え、自分が、成長を望んでいたとしても。

 

成長する事よりも

生きて、種の保存をする事の方が

生物的には大事ですからね。

 

なので、私たちが成長していく為には

 

この矛盾を

乗り越えていかなければならないのです。

 

そのために

 

理想論くらいの大きな目標を挙げる。

 

という、先ほどの考え方が重要になってくるのです。

普通であれば

 

身の丈に合った。とか

理想論ばっかり言っても、、、

そんな、夢みたいな話、、、

 

といった考え方になってしまうと思うのですが

この思考こそが

 

まさに

現状に私たちを引き留めようとしている

 

ワケですよね(笑)

 

なので、自分の可能性を開いていく為には

このホメオスタシスという機能を

越えていかなければならないのです。

 

そのために

  • 他人に止められてでも叶えたい。
  • 周りに止められてでもやりたくなる。

それくらいの「理想」を掲げる事がちょうどいいのです。

 

その自分の意思こそが

機能の壁を越えさせてくれるので。

 

スポーツの世界では当たり前

 

さてさて、成長する。という事に対して

身体の中で、どんな事が起こっているのか。

というロジックは理解できたかと思います。

 

しかし、まだ

そんな事で、本当に解決に繋がるのか??

 

と疑問を抱えていらっしゃる方も

多くいるかと思いますので

もうちょっと、具体的な話をしていきたいと思います。

 

スポーツの世界では

イメージトレーニングというものがあります。

これは

 

色々なシチュエーションをイメージして

それを乗り越える自分を想像していく

 

というモノですよね。

 

原理的には

 

実際にプレーしていなかったとしても

プレーのイメージを鮮明にすればする程

それを実現させようと働く。

 

という事です。つまり

 

脳の機能をうまく使うことで

自然に「自分の壁」を乗り越えていく

 

という事ですね

 

これは

論文が出ていたり、科学的根拠もありますし

実際にサッカーの本田選手も

 

大人に笑われるくらいの目標でちょうどいい。

 

という言葉を残していますし

自分の限界を超えていく(成長している)方は

既にやっている事なんです。

(時間がない方は、8分40秒くらいからご覧ください)

このロジックを普段にも応用する事で

私たちの様な一般人も

自分の壁を破って成長していく事が可能になるのです。

 

なので、あなたがやるべきことは

目の前の問題点を注意したり、指摘するのではなく

 

自分がどうなりたいのか

であり、それが他人の場合には

相手にどうなって欲しいのか

 

ということをイメージさせる様な発言をし、

 

自分の(相手の)脳が

自然と「壁」を越えられる様にしてあげる事

 

これが、成長していく為に

あなたがやるべき事なのです。

 

目の前の「現状」に照準を合わせるのではなく

「未来」に照準を合わせて

より良い明日を一緒に作っていきましょう♪

-可能性を開く, 教養的なモノ
-

Copyright© Life with Wordview , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.