"/>

あなたの人生に、あなたの世界観を。~ 美しい人生を生きる秘訣 ~

Life with Wordview

グレイテスト・ショーマンに学ぶ「個性」の姿

投稿日:2018年11月1日 更新日:

話題になっていた映画。

グレイテスト・ショーマン。

 

私は、なかなか観る機会に恵まれずにいたのですが

日比谷ミッドタウンの映画祭に組み込まれていたので

アナ雪に引き続き、鑑賞させて頂きました。

 

個人的には

  • よくある「挫折像」とは
  • 「生き方」のあるべき姿
  • 物事は捉え方次第ですべてが変わる

という学びを得られたので

ちょっとしたヒントになればと思い、綴ってみました。

 

価値を「正しく」受け取る方法

 

この映画で

1番気になったのはどこでしたか??

 

そう聞かれたら、私は

やはりダンスや音楽を挙げると思います♪

 

もともと、バラバラだったモノが一体になる。

 

という背景もあってか

バーナム氏がサーカスを立ち上げて踊っている場面は

かなり、アガっちゃいました♪

 

多くの方は、プラスな意見を感じたかと思うのですが

一方で

 

歴史を忠実に再現していない。

 

という意見も聞かれました。

まぁ、確かに、歴史や出来事に詳しい方であれば

そう思ってしまうのも分かるのですが

私としては、あまり気にならない部分です。

 

というのも

 

誰も、本当の事を知らない。

と思うからです。

たとえ、それが当事者であったとしても。

 

当事者なら、間違いなく本当の事を知っているでしょ!!

という突っ込みを受けそうですが

果たして、本当にそうでしょうか??

 

「伝言ゲーム」

 

やった事がある方も多いと思いますが

前の人から聞いた言葉を、後ろの人に伝えていく

という非常にシンプルな遊び。

 

皆が、同じことを言っている筈なのに

先頭の人が伝えた言葉と、一番最後の人が聞いた言葉は

必ずと言っていいほど、違った言葉になっています。

 

なぜ、この様な事が起こってしまうのでしょうか。

 

結論だけ言ってしまえば

 

誰かが、何かを語った時点で

どうしても、その人の「解釈」が入ってしまう。

 

から、です。

 

なので、例え、当事者であっても

それを見た時点で、その人の解釈が入り

 

「事実」は

見た人の数、聞いた人の数だけ作られてしまう。

 

という事です。

 

つまり、残念ながら「事実は存在しない」という事です。

ただ、正しい事実に近づけていく事は出来ます。

 

というか、それしかできないのです。

その為に、私たちは

 

物事を、様々な角度から見る。

 

という事が必要になってきます。

つまり、1つの方向から物事をみるのではなく

 

観る角度を変えて、全体像をしっかりと把握する。

 

という事ですね。

では、「観る角度を変える」とは、どんな感じなのか

もうちょっと深堀していきましょう。

 

「視点を増やす」ことの重要性

 

ペットボトル。

上から見れば、キャップと、ボトルが描く二重の円ですし

底から見れば、単なる円ですよね。

 

あるモノの一部を公開して、正解を当てる。

的なクイズがあるかと思いますが

一部しか公開されていない状態では、何かが分かりずらいですが

全体像が見えてくれば、「答え」が何か分かってきますよね。

 

イメージとしては、アレと同じです。

 

こんな感じで、ペットボトルも

上から、とか、下からだけではなく

360度、色々な角度から見れるようになれば、誰でも

「ペットボトル」

と正しく認識できる様になりますよね。

 

つまり

 

あるモノを様々な角度からみると

物事を「正しく」認識しやすくなる。

 

ということ。

 

「抽象度をあげる」と表現する時もありますが

伝えたい事は同じですね!!

 

いかに多角的視点で、物事を見ることができるか

 

これが、より良い、より正しい判断をする為に

欠かせない要素になってきます。

 

では、どうやったら、視点を増やすことができるのか。

という話になってきますが

これは経験をするしかありません。

 

何を。

どれだけ。

どこまでやったのか。

 

この質が、自分が見る景色の広さに比例していきます。

 

なので

「とりあえず経験してみる事」

視野を広くする為には欠かせない重要なポイント

になってきます。

 

自分自身の尊重と多様性

 

ただ、「経験を増やす」というのも、なかなか難しいですよね。

金銭的にも、時間的にも。。。

 

そこで、まず最初のステップとして

 

あなた自身が「やりたいと思う事」

 

を、とことんやってみて頂きたいのです。

 

というのも、その人にとってやりたい事であれば

自ら時間を作ったり、お金を捻出したりして

 

「勝手に」工夫して乗り越えていく

 

からです。

この勝手に工夫する。というのが、とても大切で

モチベーションとか、やる気といった類のモノを

「出そう」とする必要がなくなるからです。

 

それに、いくら成長できるから。と言っても

無理矢理やり続けていく。

というのは、どうしても続かなくなってしまうので。

 

「強み」は発見するもの

 

人に止められてでもやりたい事

については、「仕事」の選び方の中でも説明していますが

この映画の中では「This is me」という言葉で語られています。

 

 

また、この映画のメッセージの1つに

 

No one ever made a difference

by being like everyone else.

 

皆が違うから輝くのだ。

 

と語られていますが、輝くのも

 

外からの何かではなく

自分の中にあるものを輝かせる

 

という事ですね。

普通であれば、外部の何かで補って輝こう。

としてしまいがちですが

 

輝きは、既に自分の中にあるんですよ♪

 

という事を、強いメッセージとして感じました。

ちょっと視点をズラして見てみると

色々な発見があって、面白いと思いますよ♪^^

 

 

P.S

ちなみに、アナ雪の時はまったく混んでいなかったのに

うしろは、こんな状態(笑)

 

映画を見た全員が

自分の輝きを見付ける方向に進めるといいですねっ♪

-自分らしく生きる
-,

Copyright© Life with Wordview , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.